使徒の働き

今週のメッセージ
「人に従うより神に従うべきです。」 使徒5章27~39節

兵庫県知事のパワハラ、鹿児島県警の疑惑、政治家の汚職、いつの時代にも不正はあります。権力を握ると、その権力を強引に行使したくなるのが人間の罪性でしょう。自分の権益が損なわれそうな場合には、強引に権力を用いて利益を守ろうと […]

続きを読む
今週のメッセージ
「神の家族に紛れ込もうとする人々。」 使徒5章1~11節 

価値のあるもの、素晴らしいものには、偽ものが必ず現れます。世の中を誠実に生きている人々は、それを知っており、或はその偽ものによって痛い目にあっているので、関わり合いません。また、誠実かつ真実な人の交わりや組織を形成し保つ […]

続きを読む
今週のメッセージ
「神の家族としての助け合い。」 使徒2章40~47節 

この聖書の箇所では、共産主義のような組織が造られています。「一切の物を共有し、財産や所有物を売っては、それぞれの必要に応じて、皆に分配していた。」(44.45)。理想的と思われることが、歴史的には決してうまく行ったことは […]

続きを読む
今週のメッセージ
「私にあるものは何か。」 使徒の働き3章1~10節

胆石は家系とは言え、手術になってしまったのは自己管理の甘さと反省しました。まだ、脂肪肝と腎臓結石があります。言い訳をしていたら、これから十分に神に仕えることができません。 「ペテロとヨハネは、午後3時の祈りの時間に宮に上 […]

続きを読む
今週のメッセージ
「共有して生きることは可能か。」 使徒の働き2章40~47節

今日の聖句のような共同生活が果たして可能なのでしょうか。残念ながら殆ど無理でしょう。それは、「神の教えに従って、夫としての分を果たし、常に妻を愛し、敬い、慰め、助けて変わることなく、その健康の時も、病の時も、富める時も、 […]

続きを読む
今週のメッセージ
「喜びと真心をもって愛餐する。」 使徒の働き2章37~47節

母の日感謝食事会は、男性たちの真心のこもった調理と接待でした。私ども夫婦の誕生会も、教会員の皆さんの見事な料理で豪華で楽しい食事会に心から感謝しました。礼拝が終わると直ぐに帰る方もおります。それぞれ都合があり、事情がある […]

続きを読む
今週のメッセージ
「終わりの日に神の霊が注がれる。」 使徒の働き2章14~24節

先週のユダに代わる使徒の選出は、実は弟子たちの当惑を現わしているように思われます。イエス様が何度も語っておられたのに、信じなかった十字架の処刑、そして、復活、さらに、昇天と矢継ぎ早に起こり、そして、いなくなってしまいまし […]

続きを読む
今週のメッセージ
「無学なただ人の救い。」使徒の働き4章8~11節

今回の旅行の目的は、キリシタンの人々の信仰が本物かどうか確認したいというものでした。信仰の本質と真贋について非常に興味深く、今後の研究課題にして長崎なども視察に行きたいと考えています。 1554年生のアダム荒川は人を殺し […]

続きを読む
今週のメッセージ
「神の顕現に心刺されて。」 使徒の働き2章36~47節

日常の生活の中で、人々が神を知らない生活、神を信じない歩みをしていることを感じながら、私自身は神を身近に感じ、神の御心を行おうと意識して生活しています。かつて私も神を知らない歩みをしていましたから、それは理解できますが、 […]

続きを読む
今週のメッセージ
「古い価値観は過ぎ去り新しく生きる。」 使徒の働き1章3~11節

聖書研修会は信者さんの考え方を知るのに良い機会です。聖書に書かれていることをどのように理解したかを聞くのですが、ご本人は聖書的と考えても、実際には社会の考え方に基づいたものであることが多くあります。その本音を聞きながら、 […]

続きを読む