聖歌 歌詞

聖歌 歌詞
597(635)「父なる神の恵みは」

父なる神の恵みは 限りなき海ぞともづなを解きて沖へ 漕ぎ出(い)でて見よや沖へ出でよ 岸を離れ主の恵みのただ中へ いざ漕ぎ出でよ 世の人は岸に立ちて 沖をば見るのみ主の恵みの深さなど あえて知らんとせず沖へ出でよ 岸を離 […]

続きを読む
聖歌 歌詞
421(422)「主よながまえをば」

主よなが前をば 離れ行きていずこに行くべき 死する我は主よ信ず今信ず なが血潮はこの身の咎がゆえ 流されしを 我がため悩みを 受け給いし君をば忘れて 頼りあらじ主よ信ず今信ず なが血潮はこの身の咎がゆえ 流されしを 主よ […]

続きを読む
聖歌 歌詞
聖歌 138 君なるイエスは今あれましぬ

1君なるイェスは 今生あれましぬいざたてまつれ たたえの歌をグローリヤ イン エク シェルシス デオグローリヤ イン エク シェルシス デオ 2御使いたちは 良きおとずれを告げて歌えり 声高らかにグローリヤ イン エク […]

続きを読む
聖歌 歌詞
聖歌458(471) 墨よりも黒き心なれど

墨よりも黒き 心なれど雪よりも白く 洗われたり君のもとに行きし時に 重荷はすべて去れり今はただイエスを信じ 喜び限りなし 疑い恐れは 消えてあらず闇夜は変わりて 昼となれり君のもとに行きし時に 重荷はすべて去れり今はただ […]

続きを読む
聖歌 歌詞
聖歌129(77) 御使いのたたえ歌う

1み使いのたたえ 歌うは誰ぞ羊飼いたちの 拝むは誰ぞああそは神の御子 イェス君なりああそは主の主 君の君なり 2むさき馬小屋に 生(あ)れしは誰ぞたくみの子として 生まれしは誰ぞああそは神の御子 イェス君なりああそは主の […]

続きを読む
聖歌 歌詞
136(84)「みかむりをもなれは捨てて」

1みかむりをもなれはすてて世にくだりまししにただのひとまさえもあけてむこうるいえなしきみよこのこころにきたりすみたまえ 2みつかいらはこえをあげてほめたたえまつれどすくいぬしのおおみあれをことほぐひとなしきみよこのこころ […]

続きを読む
聖歌 歌詞
137(85)「いれまつる家あらず」

1入れまつる家あらず休めまつる宿もあらずただむさき馬小屋を仮の宿となしたもう畏れおおしあまつちの主におわすイエス君人のごと罪の世に生れ給いぬ 2ほめまつる人あらず祝いまつる民もあらずただあまつ御使いの歌う声のあるのみ畏れ […]

続きを読む
聖歌 歌詞
437(439)『わがためイエスきみ』

1わがためイエスきみ傷をば負いたまいぬかくて我はいえたり罪は我を去りたり 2わがためイエスきみ十字架に死にたまいぬかくて我はとけたり強き罪の罠より 3わがためイエスきみ御墓に入りたまいぬかくて我は生きたりよみのかども何か […]

続きを読む
聖歌 歌詞
406(406)『胸の奥に潜む』

1胸の奥にひそむ 罪と汚れに人知れず悩むは たれぞたれぞすがれイエスに イエスの愛に心は平和と 喜びに満ちん 2重き荷を担いて 長き旅路を望みなくたどるは 誰ぞ誰ぞすがれイエスに イエスの愛に心は平和と 喜びに満ちん 3 […]

続きを読む
聖歌 歌詞
199(158)『輝く姿は』

1輝く姿は 目にこそ見えねキリスト自ら 立てたる都救いの妙なる 高き石垣悪魔は攻むとも 揺るぐことなし 2都の中なる 命の川は御神の愛をば 絶えず注げば乾ける 民なく 飢えしものなく豊かに あめなる 恵みにうるおう 3昼 […]

続きを読む