1月3日 「一途に歩む。」 ピリピ書1章27 櫻井國郎協力牧師


ピリピ 1:27 ただ一つ。キリストの福音にふさわしく生活しなさい。そうすれば、私が行ってあなたがたに会うにしても、また離れているにしても、私はあなたがたについて、こう聞くことができるでしょう。あなたがたは霊を一つにしてしっかりと立ち、心を一つにして福音の信仰のために、ともに奮闘しており、
1:28
また、どんなことがあっても、反対者たちに驚かされることはないと。それは、彼らにとっては滅びのしるしであり、あなたがたにとっては救いのしるしです。これは神から出たことです。
1:29
あなたがたは、キリストのために、キリストを信じる信仰だけでなく、キリストのための苦しみをも賜ったのです。

聖書直訳  「ひたすら基督の福音に値する市民たれ。」

Happy New Year! 新年、おめでとうございます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大が続いていますが、神の恵みと摂理の中、神に生かされていることに感謝し、神に定められた目的を想起しましょう。神に生かされ、神に生きるのです。そもそも、私たちの存在は偶然ではありません。唯物論の世界では、何の目的もない、偶然の世界です。人間も単なる物質として捉えられ、人生も刹那的です。「物質に生き、物質に死する」姿です。「神に生かされ、神に生きる」姿と好対照です。

神は、意思をもって全世界の全物質を創造され、全物質の一切の動きを明確にかつ確定的に定められています。神の摂理に無意味はありません。偶然ではなく、神のご計画なのです。

   T ひたすら

この御言葉は「モノン」で始まります。「唯一の」「のみ」「だけ」などという意味です。単色=モノクローム、単調=モノトーン、単軌鉄道=モノレール、ステレオに対してモノラルなどの「モノ」、日本専売公社の「専売=モノポリー」、一つの事のみに執拗にこだわる偏執狂が「モノマニア」、「神は一つ」とする一神教が「モノシイズム」です。

 本日の御言葉、「基督の福音に値する市民たれ」ということですが、いくつかある要目の一つとして、「基督の福音に値する市民たれ」というのではなく、「ただそればかり」「ひたむき」いちず」に、かつ「すっかり」「まったく」に、「基督の福音に値する市民たれ」というのです。

   U 市民たれ

パウロは、「信者たれ」ではなく、「市民たれ」と勧めます。その「市民」とは何でしょうか。今日では全ての人が市民なので理解ができないかも知れませんが、古代では特別の階層の人だけが市民で、他は非市民でした。

ピリピ書の筆者パウロは獄中です。使徒二八章三〇?三一節には、パウロは囚人なのに、牢獄ではなく、自費で借りた家屋に居住し、来訪者を受け入れ、宣教が許されています。ローマ市民権の効果です。

使徒一六章一九?四〇節では、ピリピで、パウロが鞭打ちを受け、足枷を着けて投獄されています。ローマ市民の鞭打ちや足枷は禁止で、裁判確定前に逮捕できませんでしたから、パウロがローマ市民と知った地方長官は恐れ慌てています。ローマ市民にそんな事をしたら、一般役人は死刑、上級役人は島流しでしたから。

「市民たれ」の希語「ポリトゥオー」は、都市国家=ポリスに由来。ポリテー=市民、ポリテイア=市民権。羅語では、市民=キヴィス、国家=キヴィタス、市民権=キヴィタス。英語では、市民は羅語から「シヴィル」、国家は希語から「ポリス」。

古代では、市民と非市民があり、市民のみが国家の構成員であり、法律上の権利義務の主体でした。ローマ法には「人と物」という最も基本的な概念があり、人のみが権利義務の主体となり、物は人の権利義務の客体となるにすぎないとされています。市民は共同体の構成員として、権利を有し、義務を負います。権利を有し、義務を負うということが、法律の考え方では、人であるということです。

市民たれ」とは、社会において、権利を有し、義務を負う者であれ、ということです。権利だけを主張して義務を履行しない者は市民ではありません。共同体から離脱し、社会から隔絶して、隠遁生活を営む者ではありません。

コロナ禍の今、自分は平気だからとか、インフルエンザのようなものだからとか、交通事故の方が死者が多いのだからとか等々と言い張って、マスク着用を拒否し、大声で叫び、大勢で飲食に興じる……、個人と社会の関係が理解できていません。宗教団体の中には、社会との関係を無視した独善的な行動をとるところもありますが、社会内的存在という点を失念しています。「市民たれ」の意味はここにあります。

市民たれ」には、一人一人の、市民としての、権利を有し、義務を負うという点も見過ごしできません。一人一人が、自由市民として自覚し、行動することです。一人一人が、自分の意思を持ち、自分の責任において行動するのです。

   V 基督の福音に値する

その市民、基督の福音に値するという条件付きです。

基督の福音」とは、一言で言えば「罪の贖い」。「罪」とは、神に創造された人間が、創造主である神を否定して、人間こそ世界の統治者であるかのように思い上がっていることです。人間の罪はアダムに始まりますが、現代社会はその極みです。

罪の世界の人間、進化論・唯物論の世界の人間には、今現在しかありません。存在する物は必ず消滅します。

世界が存在し、自分が存在するというだけで、無から有の創造が演繹され、神の存在に帰結します。その根本を否定したいという思い、それこそ人間の罪です。

基督の福音」のあり方は、第一に、神の愛の発露、第二に、基督の犠牲、第三に、聖霊の内住でしょう。三位一体の神の働きに対応します。

求められるのは「三位一体の神の働きの価値がある市民たれ」ということです。単に「基督者です」という次元ではありません。「基督の福音の価値ある」と評価されることが必要です。極めて大変なことですが、その評価は他の人によるのではなく、基督によります。が、それは最後の話で、現在的には、自分自身の評価によるのです。自分の信仰の発露です。自分が本当に基督の福音に与っているか否かの指標です。極めて厳しい指標ですが、それこそがパウロの期待でしょう。

ひたすら基督の福音に値する社会人でありなさい、……。一途に、全くに、基督者たる社会人として歩む、ということです。地域社会の一員として、内住の聖霊の導きによって意を決し、神の愛に倣う愛によって行動し、基督の犠牲に相当する自己犠牲によって事を為す生き方です。

 


1月10日 「自分の誠実さを堅く保つ。」 ヨブ2310

ヨブ2:3 【主】はサタンに仰せられた。「おまえはわたしのしもべヨブに心を留めたか。彼のように潔白で正しく、神を恐れ、悪から遠ざかっている者はひとりも地上にはいない。彼はなお、自分の誠実を堅く保っている。おまえは、わたしをそそのかして、何の理由もないのに彼を滅ぼそうとしたが。」
2:4
サタンは【主】に答えて言った。「皮の代わりには皮をもってします。人は自分のいのちの代わりには、すべての持ち物を与えるものです。
2:5
しかし、今あなたの手を伸べ、彼の骨と肉とを打ってください。彼はきっと、あなたをのろうに違いありません。」
2:6
【主】はサタンに仰せられた。「では、彼をおまえの手に任せる。ただ彼のいのちには触れるな。」
2:7
サタンは【主】の前から出て行き、ヨブの足の裏から頭の頂まで、悪性の腫物で彼を打った。
2:8
ヨブは土器のかけらを取って自分の身をかき、また灰の中にすわった。
2:9
すると彼の妻が彼に言った。「それでもなお、あなたは自分の誠実を堅く保つのですか。神をのろって死になさい。」
2:10
しかし、彼は彼女に言った。「あなたは愚かな女が言うようなことを言っている。私たちは幸いを神から受けるのだから、わざわいをも受けなければならないではないか。」ヨブはこのようになっても、罪を犯すようなことを口にしなかった。

全身に蕁麻疹ができて痒くてたまらないので祈りながら、アトピー性皮膚炎の方々を想いみ、更にヨブのことを想いました。サタンは、「ヨブの足の裏から頭の頂まで、悪性の腫物で彼を打った。」(7)。膿も出るけれど、痒くてたまらないので、「土器のかけらを取って自分の身をか」(8)いたのです。「灰の中にすわった。」のは、膿を止める為でしょうか、痛さを和らげるためでしょうか。「彼の痛みが非常に大きい」(13)というだけでなく、「ヨブであることが見分けられなかった」(12)ほどに身体が崩れ、無残な様子だったのでしょう。

信仰者が病気になる時、その穏やかな様子と覚悟に驚かされます。愚かな人々は、「神をのろって死になさい。」(9)と言うものですが、ヨブは「私たちは幸いを神から受けるのだから、わざわいをも受けなければならないではないか。」(10)と言います。神が私たちを呪うわけではなく、サタンが私たちを陥れるのですが、私たちの人生には、不満を言いたくなることは山ほどあるものです。サタンは、私たちに不平、不満を言わせたくするのです。

誠実」を辞書で調べると、「私利私欲をまじえず、真心をもって人や物事に対すること。また、そのさま。」、「真面目で嘘や偽りがないこと」、「真面目で人や物事に対して真心があること」とあります。ところが、人というものは自己中心であり、自己判断が中心ですから、多くの人が自分は「誠実」だと思っていることがおかしくもあります。人の誠実は、相対的なものですから、確かに誠実な人はいるのですが、絶対的には「誠実」は自己満足の所存かと考えたのです。自分を「誠実」でない、と自覚するならば、真に悔い改めて神と出会うと思いますが、詐欺師でも「自分は誠実だ。」と考えているから、平気で罪を犯すのです。私自身は、そういう人の心を知って、「誠実に生きる。」ことが馬鹿らしくなり始めた時に、神に出会い、救いを体験したのです。「義人はいない。悟る者はいない。神を求める者はいない。」(ローマ3・10)に共感しました。

神のことばは生きていて、力があり、両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、心のいろいろな考えやはかりごとを判別することができます。造られたもので、神の前で隠れおおせるものは何一つなく、神の目には、すべてが裸であり、さらけ出されています。私たちはこの神に対して弁明をするのです。」(へブル4・12.13)とあるように、神の前には自分を義とすることも、誠実であるとうぬぼれることもできないのです。「しかし、人が主に立ち返るなら、いつでもその覆いは取り除かれます。」(Uコリント3・16)。そして、「主の御霊がおられるところに自由があり」(17)、私たちは「栄光から栄光へと主と同じ姿に変えられていきます。」(18

つまり、聖霊に満たされ導かれなければ、誠実ではありえないのです。そして、「主よ。私の義と、私にある誠実とにしたがって、私を弁護してください。」(詩篇7・8)とあるように、自分の義が、神の義に変わらなければ、神の前には出られず、弁護もされないのです。

彼のように潔白で正しく、神を恐れ、悪から遠ざかっている者はひとりも地上にはいない。彼はなお、自分の誠実を堅く保っている。」(2・3)と褒められたヨブが、神にサタンの誘惑を許されたのは、この自己義を悟るため以外のものではありません。「まことに、私は、自分で悟りえないことを告げました。自分でも知りえない不思議を。」(ヨブ42・3)、「しかし、今、この目であなたを見ました。それで私は自分をさげすみ、ちりと灰の中で悔いています。」(42・53.6)。

ヨブは、「私の息子たちが、あるいは罪を犯し、心の中で神をのろったかもしれない」(ヨブ1・5)と案じて、「それぞれの全焼のいけにえを献げた」(5)のですが、全員死んでしまいました。救いは神のものであり、それぞれの息子の心が大事なのに、ヨブの義で救おうとしていたのです。

神を呪え」と悪態をついたヨブの妻は死んだかどうかわかりませんが、その後、「息子七人、娘三人を持った。」(42・13)ことは事実ですので、先の息子たちが大きくなってから死んだので後妻かもしれません。「こうしてヨブは死んだ。年老いて満ち足りた生涯であった。」(42・17)。これは、どういうことでしょうか。神の祝福は、家族にもありますが、その人が神の国に行くということとは別ということです。

ヨブに悔い改めを迫った3人の友人は、「自分たちのために全焼の犠牲を献げよ。わたしのしもべヨブがあなたがたのために祈る。」(42・8)ということになり、人を責めるのではなく、自らの自己義を悔い改めよと諭されるのです。「ヨブがその友人たちのために祈ったとき、主はヨブの繁栄を元どおりにされた。」(42・10)も注目すべきことです。

神を信じる信仰生活の上で大事なことは、神に委ねて生きることであり、人の救いは、その人自身の心の問題であって、親であっても友であっても、執り成ししかできないのです。そして、私たちは、神に褒められるように「誠実を堅く保って生きる」べきなのです。そのようにしてこそ、裁きの座で、自らを弁護する誠実さを確保するのです。富については、あろうとなかろうと、神の国を受け継ぐには関係ありませんが、祝福を喜び味わうものとはなり、他の人を幸せにするためには役立つでしょう。


1月17日 「地上では旅人、寄留者。」 へブル11816

ヘブル 11:8 信仰によって、アブラハムは、相続財産として受け取るべき地に出て行けとの召しを受けたとき、これに従い、どこに行くのかを知らないで、出て行きました。
11:9
信仰によって、彼は約束された地に他国人のようにして住み、同じ約束をともに相続するイサクやヤコブとともに天幕生活をしました。
11:10
彼は、堅い基礎の上に建てられた都を待ち望んでいたからです。その都を設計し建設されたのは神です。
11:11
信仰によって、サラも、すでにその年を過ぎた身であるのに、子を宿す力を与えられました。彼女は約束してくださった方を真実な方と考えたからです。
11:12
そこで、ひとりの、しかも死んだも同様のアブラハムから、天の星のように、また海べの数えきれない砂のように数多い子孫が生まれたのです。
11:13
これらの人々はみな、信仰の人々として死にました。約束のものを手に入れることはありませんでしたが、はるかにそれを見て喜び迎え、地上では旅人であり寄留者であることを告白していたのです。
11:14
彼らはこのように言うことによって、自分の故郷を求めていることを示しています。
11:15
もし、出て来た故郷のことを思っていたのであれば、帰る機会はあったでしょう。
11:16
しかし、事実、彼らは、さらにすぐれた故郷、すなわち天の故郷にあこがれていたのです。それゆえ、神は彼らの神と呼ばれることを恥となさいませんでした。事実、神は彼らのために都を用意しておられました。

日本では創造主という概念は浸透せず、数多ある宗教の一つとしてキリスト教を捉えていて、神を求めて教会に来る人は少ないようです。社会での生き方に満足している人が神を求めることはなく、教会に来るのも一般教養や人との出会いを求めて、或は宗教を少しはかじってみようという程度の人が殆どです。そんな中で、影響を与えるのは、やはりクリスチャン自身に出会うということです。私たちが真に「福音に生きる」人生を過ごしているかどうかが、人々の目に奇異に映るならば、関心を与えるでしょう。

カルデアのウルは文明発祥の地とも呼ばれる栄えた都市でした。ヨシュアは伝説に基づいて「テラは、昔、ユーフラテス川の向こうに住んでおり、ほかの神々に仕えていた。」(ヨシュア24・2)と言っているように、父テラはウルやハランで盛んであった月礼拝の宗教者であったようです。ステパノはどのような資料を元にしてか「私たちの父アブラハムが、ハランに住む以前まだメソポタミヤにいたとき、栄光の神が彼に現れて、『あなたの土地とあなたの親族を離れ、わたしがあなたに示す地に行け』と言われました。」(使徒7・2.3)と語っています。つまり、裕福な遊牧民であったテラの一族はアブラハムに促されてハランに移ったけれど、やはり繁栄し月礼拝をしているハランから離れて未開の土地に行く気などしなかったのです。

75歳まで父に従ってウルにいたアブラハムですが、神はアブラハムに「あなたの土地、あなたの親族、あなたの父の家を離れて、わたしが示す地へ行きなさい。」(創世記12・1、新改訳2017)と言われました。住む場所を変えるだけではなく、親族や父の家で表現される生まれつきの価値観を離れることを指示されたのです。私たちが神と共に住み福音の中に生きる為に離れ変えるべきことは、生まれついての価値観、風習、そして家族との癒着です。時間が掛かるかもしれませんが、福音、つまり神の教えの中に生きる為には、これまでの価値観や習慣が価値のないものであるとして捨て去ることが必要なのです。

人間は自己義があるので、良きことを選んで自分のものにして幸せになろう、成功者になろうという思いが強くあります。しかし、しっかりとした基盤や法則を身に着けていなければ、結局は欲と選択肢に振り回されるだけなのです。コロナに関する選択肢できちんとした理念や判断に基づいたものがなく、経済社会の利益に振り回されているだけです。

私は、クリニックを始めるにあたって、医学というものが唯物論に基づいており、精神は神経の働きに過ぎないという前提に基づいて治療をしていることを確認しました。それで栄養医学を模索し、分子整合栄養医学に行きついたのです。教会の牧師としても、教会成長論というものが、牧師の成功欲に基づいていることに気が付き、信者一人一人の魂の救いと聖めを目標として人生を費やすことに覚悟を決めたのです。また、結婚してから、自分を主張することが妻を傷つけることにもなると気が付きました。

 アブラハムは、ハランからシェケムまで800キロ程の長い放浪・牧畜生活をしながら多くの土地と人々と出会いながら、自分の固定観念が次第に解け、信仰によって生きる方法と信念を神に教えられたのです。それが75歳からであるということに驚きます。そこで、主から「あなたの子孫にこの地を与える。」(創世記12・7)という言葉をいただきますが、アブラハムへではありません。なんと忍耐のいることでしょうか。アブラハムは、それを受け入れて祭壇を築きます。しかし、そこにはカナン人が住んでいたので、更に旅を続け、べテルでも「祭壇を築き、主の御名を呼び求めた。」(創世記12・8)。

信仰生活は、簡単に安楽の生き方ができるものではありません。だからこそ、「主の名を呼び求め」るのです。「彼は約束された地に他国人のようにして住み、同じ約束をともに相続するイサクやヤコブとともに天幕生活をしました。」(へブル11・9)のは、「信仰によって」なのです。信仰があるからこそ、安逸な妥協ではなく、孤立しても神の約束によって歩んだのです。カナン人と仲良く住み、平穏な生活をするよりもむしろ、「他国人のように」生きたのです。

地上では旅人であり寄留者であることを告白していた」(13)のは、その地の住民のように生きると、堕落するからです。私は、人々と仲良く暮らし、親しく付き合っていますが、決して心を許してはいません。「すべての人との平和を追い求め、また、聖められることを追い求めなさい。聖くなければ、だれも主を見ることができません。」(へブル12・14)。人と争うことなく生きるには、聖さが必要です。そして、人と親しくなることを優先すると聖さを失います。この世で報いられることを求めると、心は思い煩い、うまくいくことの為に平安を失います。

むろん、私たちは聖人ではありませんし、聖人にもなれません。聖人になろうと思うこと自体が、この世での報いを求める自己義です。うまくいかない、報いられない、それは私たちが「旅人であり、寄留者」なのだから、当然なのです。この世に安住したら、テラのように神の国への旅に出ることはなくなるのです。苦労を避け、責任を避けたら、魂の健全さを失います。失ったものを獲得することは非常に難しいことを私は見てきました。